Swan

FXってどんなもの?誰でも取引できるのか


eoiurerer ネットを開けばどこかしらで目にするFXのワード、ビジネス誌などでもよく取り上げられており話題には事欠きません。

FXは円やドル、ユーロといった世界各国の通貨を売買して利益を出す金融取引です。投資商品の中でも比較的最近台頭してきたものですが、その人気は爆発的に伸びています。

FXの取引高は2009年度には2200兆円を超え、取引をしている投資家たちの口座数も70万アカウントに達しているというデータが金融先物取引業協会より報告されています。様々な金融商品がある中、FXは今最も注目されている金融商品と言っても過言ではないでしょう。口座を開設するにあたり手数料は無料、インターネットを通じて簡単にできることや、まとまった投資資金がなくてもFXを始めることが可能などの利点が多くの人を惹きつけています。

FXをいざ始める上で必ず覚えておくべきことは、取引一回あたりに発生するスプレッドの存在です。スプレッドとは簡単に言えば取引する通貨同士の交換手数料のようなものです。FX業者が提示しているのは、通貨を売るための価格(売値)と買うため価格(買値)の2種類で、この差額がスプレッドとなります。投資家となる私たちはFX業者が提示している2種類の価格を見て外貨の売買を行うことになります。ですから取引回数が多くなる投資スタイルなのであれば、スプレッド幅が狭い業者を選ぶことが賢い選択です。

またFX最大の魅力として上げられるのがレバレッジの利用です。レバレッジを利用することで少額資金でもそれを数倍もの金額にして大きな取引を実現することができます。小さな元手でも大きな利益が望める、但しレバレッジを利用する場合はリスクもつきものということも忘れてはなりません。

そもそもレバレッジとはてこの原理という意味です。FX業者に預けた証拠金で何倍もの通貨を購入することができるというのは、株式取引における信用取引に近いものだと思うとわかりやすいかもしれません。