Swan

海外FXの人気の理由と注意点


oiurererll 「24option」の入出金システムについてです。24optionというのは、世界中の多くの人々が利用している、バイナリーオプション海外取引業者です。顧客には様々な国の様々な人々がいますから、一般的なクレジットカードでの入金・出金だけではなく、電子マネーや銀行を使った入金・出金にも対応しています。また、24optionの口座では、アメリカドルはもちろん、日本円にも対応していますから、日本人でも安心して利用できます。

ただし、日本円を使用する口座の場合、世界的なクレジットカード会社であっても、使えないもの(Diners Club、AmericanExpress)がありますので注意して下さい。とは言え、日本での利用者が多いMastercardやVisa、それにJCBは使えますので、それほど不便さは感じないと思います。上記のクレジットカードを使えば、すぐに口座に入金されますから、大変便利です。

アメリカドルを使用する口座の場合は、MastercardとVisaは使えますが、JCBは使えないようです(ユーロを使用する口座では使えるようです)。

なお、24optionで使える電子マネーは、Neteller、MoneybookersとLibertyReserveとなっています。ネッテラーはバイナリー88が利用し始めてから他の業者でも盛んに使われ始めています。電子マネーなら、銀行口座さえあれば簡単に利用できますし、入金時の手数料は無料ですから、クレジットカードを持っていない人でも安心ですね。

前述したように、銀行から24optionに入金することも可能ではありますが、その場合には注意しなくてはなりません。なぜなら、かなりの手数料(各種合わせて5,000円以上)を取られるからです。それに、申し込んだ曜日や時間帯などにもよりますが、入金まで1週間以上かかることもあります。ですから、銀行からの入金は、あまりお勧めしません。

24optionからの出金時にも、入金時と同様に、クレジットカード・電子マネー・銀行が使えます。クレジットカードか電子マネーで出金する場合、入金した額の分はカードへの返金というかたちで出金されますが、それ以外の利益の分は銀行への送金というかたちで出金されます。出金時の手数料は、「月に一度だけなら無料」となっています。

ちなみに、二度目からの手数料は、「クレジットカード=出金額の3.5%、電子マネー=出金額の1~2%」となっています。銀行への出金に関しては、入金時と同様に、入金まで約1週間はかかります(まれにですが、約1ヶ月かかる場合もあるとのことです)。また、入金時と同様に、出金時の手数料も高くなっています(30アメリカドル)。

なお、口座からの初回出金時には本人確認が必要となっていますから、後述の書類を写真に取ってメールで提出しなくてはなりません。


・写真付きの身分証明書(パスポートや運転免許証)

・現住所が確認できる請求書(携帯電話や公共料金のもの)

・クレジットカードの表と裏の両面(入金時に使用したカード)

*クレジットカード番号は、個人情報流出のリスクを下げるため、下4桁のみでOKとなっています。